体験談

6号機がおすすめの理由

6号機をおすすめする人はたくさんいますが、その一方で出ない、プレイしても面白くないという意見を見聞きすることもあるでしょう。実際のところ、これには強みや魅力がきちんとあります。まだ打っていない人や選ぶべきかどうか迷っている人は、6号機がおすすめである理由から確認してみましょう。

まず、6号機は時間効率が非常に良いです。5号機のときと当選までの流れは大差ありませんが、当たりやすくなったと評価する人が多くいます。初当たりまではこちらのほうがスピーディーだと感じられることが多いはずです。5号機は純増1.5枚から2.0枚ほどが多いですが、6号機であれば6.0枚から8.0枚が狙えるのでかなり効率が良いと言えます。つまり、サクッと打ちに行っても天井狙いしやすいです。

そして、面白いこともおすすめの理由だと言えます。つまらないという意見もありますが、それは出玉規制や有利区間の影響です。こういった規制が導入されてしまっていることから、5号機に慣れ親しんでいる人からすれば物足りなさを感じるかもしれません。ですが、出玉のスピーディーさなど、5号機にはなかった楽しさが感じられるはずです。その上、人気が高い機種や人気作品をモチーフにした台もたくさん登場しているので、多くの人が楽しみやすい状態となっています。

このような理由があるので、6号機はおすすめです。始めていないのであれば、試しに打ってみると良いでしょう。

オンカジ懺悔室Part3~人の振り見て我が振り直せ~

許して!懺悔!

みなさんこんにちは!

今回も今回も!オンラインカジノ懺悔室です!Part3!

前回からのAさんのお話3回目!

 

競馬を趣味していたAさん、コロナをきっかけにオンラインカジノに
転身しようとするが、

そろそろ落ちるのでしょうか!それとも・・・??

それでは今回もいってみましょう!

前回のPart2はこちらから!

 

1.Aさん(33)の場合~若くしての失敗
:貯金30万円+消費者金融200万円~

見出しだけで嘔吐しそうなオンカジ懺悔です・・・Aさんのお話。

 

※プライバシー保護のため内容は一部フェイクが入りますご了承ください。

1-1.借金が招いた奇跡?ネット回線まで止められる

ついに自宅のネットが止められました。毎月4000円ほどの回線料金だのプロバイダだの、
もう無視してやり続けたからですね。ただそれが今思えば功を奏したとでも言うのでしょうか
スマホもギガがなくなっていましたので、もうオンカジができなくなったのです。

フリーwifi求めてお店を回ったりしましたが、さすがに長時間集中勝負はやりづらく
ある日、友人の家に行って「wifiのパスある?」なんてとこからですね。

「あるけど、そんな急用でwifi?4Gでいいんじゃない?」なんて話になり、「実は・・・」と
初めて他人に自分の現状を告白しました。まあそのときすごく怒られましたね。
ただ自分はマヒしているので、「そんな怒らなくても・・・」みたいに言っていたようですが
今思えばアホです。

友人には今でもそのくだりをイジられます。
この時がオンカジでの異常なまでのベットをやめられたきっかけなのですが
この友人には感謝しています。

まあ実際はこの友人、仮にBとしますと、Bが自分の勤めている会社の
取引先の関連会社に勤めていて、万が一、変な形で話が流されたら
割と自分の立場が詰むので目を覚ますことができたってところなのです。

オンカジで借金あるなんて噂流されたくないですからね。

 

1-2.オンカジから足を洗うことになるが・・・

まあなんだかんだ、そのあともいいのか悪いのか身内含め色々トラブルが続き
あ、オンカジとかお金の話じゃないのですが、自分自身が忙しくなりギャンブルから
結果的に離れることになります。

人間、マジで忙しくなるとお金を使わなくなるんですね。驚きました。

借金はいまだ残っていますが、なんとかなんとかって感じです。
Bには感謝というか、Bから言わせれば「おまえが自分で自滅して、自分で解決しただけ」
だそうですが、ほんと感謝です。

最後になるんですが、実は完全にはオンカジやめていません。

もちろんほんとにBには内緒ですが、つくづく自分はカスですね。
そしてまた同じようなことを繰り返すのだろうな
と分かっていても借金が減ってくるとまた入り始めてしまうんです。

このインタビューを読んでいる方はそうならないように願ってはいますが
ハマる気持ちのが分かりますので、なにも言いません。

 

後味が悪い形での終わりとなりますが、まあこんなもんです、はい。」

 

2.まとめ

いかがだったでしょうか、結局止められてないAさん、お話お伺いするお時間いただきまして
ご協力ありがとうございました。

打合せの段階で

「今でもやめられていないから、そのままの形で載せてくれ」

といただいていたので

今回はこのような記事になっております。

 

なんとも言えないリアルな結末、皆様はどう思われましたか?

今現在の借金の額だけは秘密にさせてくれ、とお話していた様子を見ると、
過去より借金は増えているのではないかと私は勝手に想像していますが

Aさんがそれでいいなら、私が口を出すことでもありませんので。

みなさまも自身に無理がない範囲でプレイしていただければと思います。

 

その他、オンカジについての知識や情報はこちらのサイトでも解説していますので

よろしければご覧ください。

 

それでは。Part3までお読みいただきありがとうございました。

 

オンカジ懺悔室Part2~人の振り見て我が振り直せ~

懺悔する男性

みなさんこんにちは!

今回もオンラインカジノ懺悔室です!Part2!

前回のAさんのお話の続きです。

 

競馬を趣味していたAさん、コロナをきっかけにオンラインカジノに
転身しようとするが、

そんな中・・・嫌な予感が・・・

それでは今回もいってみましょう!

前回のPart1はこちらから!

 

1.Aさん(33)の場合~若くしての失敗
:貯金30万円+消費者金融200万円~

見出しだけで嘔吐しそうなオンカジ懺悔です・・・Aさんのお話。

 

※プライバシー保護のため内容は一部フェイクが入りますご了承ください。

1-1.好きなゲームが増えてくる
~気づけばベット額が右肩あがり~

そんな中、半年くらい経った時、負け続けが始まってた気がします。
でも$5ずつくらいしかやってなかったので、なんというか、大きく負けるというか「ほんとにヤバイ!」
ということが当時なかったんですね。少しは勝ちますし。「あまり利益増えないな」くらいにしか
思っていなかったのですが・・・

最初スロットだけだったのが、バカラやポーカーもやり始めて、やる種類が増えていったんですね。
一つのゲームに対してのベット額が多くなくても種類が増えればトータルでの金額が増えるのは
当たり前なんですけど、当時はのめり込んでいたので、見て見ぬふりをしていたんでしょうね・・・。

競馬のころと同じようになんだかんだお金が目減りする一方でした。

 

1-2.一世一代の大勝負!?その時は突然に・・・

それからたいして経たずして事件の日は訪れます。
普段から貫徹でプレイすることはありませんでしたが、なんだか眠れなく、
オールでバカラをやってしまったんです。

あれは、明け方でしたね、うとうとしていたころ、なんだか分からないんですが、急に勝ち始めたんです。

「ヨッシ!!」とテンションが上がりましたが、

すでに体力の限界、なんとなくもう寝たかったんですよね。
それはそれでそのままやめればいいものを、「最後に大きく出るか!」と謎のテンションになり
$100ベットを繰り返し始めてしまったのです・・・

ここでドボン!と失敗するかと思いますよね?

しかし!この日はここで大勝ちするんです!そして最高の気分で就寝・・・。

ただこの経験がもとになり、その後感覚がマヒです。
分かりますよね、$100でしかベットしなくなったんです。今までケチケチ使ってた自分が
味をしめて毎回大賭けです。そりゃお金もなくなります。

2か月後には、キャッシングに走っていました。

もうどうしようもない。それからの下り坂はあっという間でした。

落ちるときは速いです。

 

2.まとめ

今回はここまで!

オンカジ懺悔室part2は、競馬好きだったAさんがオンカジへ流れ、
なんか調子いい!!?みたいなお話でした。

$100ベットを覚えてしまったAさん、

こんなことをしていて果たして大丈夫なのでしょうか・・・

いや・・・だいじょうぶ・・・

続きはPart3で!

 

このほかにもオンラインカジノの情報や知識など知りたい方は

こちらのサイトでも色々載ってるので!ぜひ見てみてください!

それではPart3でお会いしましょう!

 

オンカジ懺悔室Part1~人の振り見て我が振り直せ~

頭を抱える男性

みなさんこんにちは!

今回はオンラインカジノお説教部屋です。

オンカジ懺悔室!!

 

懺悔=ザンゲ

 

やっちまったことを告白して許してください、許してください・・・って感じです。

FXネタとか仮想通貨ネタでもありますよね。

開き直っている人もいますけど!

 

それでは本日も他人のメシウマで一日がんばりましょう!

いってみよう!

 

1.Aさん(33)の場合~若くしての失敗

貯金30万円+消費者金融200万円~

見出しだけで嘔吐しそうなオンカジ懺悔室ですね・・・Aさんのお話から参りましょう。

※プライバシー保護のため内容は一部フェイクが入りますご了承ください。

 

1-1.オンカジとの出会い~普通に面白い~

A「もともと28歳にして貯金30万円ですから、お察しの通り、浪費家でした。

一応会社員として働いていますが、手取り23万円・残業してもプラスで3万円ほどでしょうか、
まあ一人暮らしですので余裕で暮らせるといえば暮らせます。貯金できない理由は競馬でした。

「借金してないだけマシじゃない?」と言われていましたし、
最近競馬もそこまでイメージ悪くないじゃないですか、
週末にちょこっと遊んで、飲んで食べて、当たっても少し、
毎週毎週2,3万円くらい使って、

今思えば割と健康的な生活だったかもしれません。

 

大きく負けることも勝つこともなかったですからね。

でもそれが3年くらい続いて、貯金が目減りしていることに気づきました。

競馬に行くとベット金額意外にも色々使っているんですよね。
先に話した飲食代・交通費・帰りに飲んじゃったら・・・。そこで自分なりに考えて、

家で余計なお金を使わずにオンカジやってみようと考えたんです。

そんなときにコロナが始まって普通に競馬場に行けなくなったこともあるんですけどね。

ベットする金額だけに注視する、自分的には合理的判断かなって思ってました。
そしてやってみるとまあ面白いですよね。

小さいころにテレビゲームやっていた世代からするとハマりました。
夏場の競馬場は暑いとか、冬場寒いとか考えなくていい、パジャマでできる電車賃かからない、
この時点では最高でした。

 

やめたきゃすぐやめれるし。でも・・そんな中・・・。

 

2.まとめ

オンカジ懺悔室part1は、競馬好きだったAさんがオンカジへ流れるきっかけを今回はお届けしました。

もともとギャンブルをやっていたAさん、コロナをきっかけにオンラインカジノへの転身を図る!
その先に待ち受けるものとは・・・!

続きはPart2で!

 

このほかにもオンラインカジノの情報や知識など知りたい方は

こちらのサイトでも色々載ってるので!ぜひ見てみてください!

それではPart2でお会いしましょう!

 

Part2はこちらこら!!